PANDORA

イギリス ロンドン 情報 掲示板 パンドーラ パンドラ PANDORA

FREE Classified Advertising Noticeboard
powered by ジャーニー
Select Japan
掲載日: 11 Feb
一覧に戻る
スマートホン版

緊急講演会『最終決戦・英国vsEU離脱交渉』木村正人(国際ジャーナリスト

カテゴリー

イベント

ZONE 1
最寄り駅

London Bridge

徒歩15分
Jubilee Line Jubilee Line
Northern Line Northern Line
National Rail National Rail

Southwark

徒歩6分
Jubilee Line Jubilee Line
所在地 詳細マップを見る
名前 木村正人
TEL 02077359643
E-mail fumi@imediajapan.co.uk
ホームページ http://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/

Report

CLOSE

日産がサンダーランド工場での「エクストレイル」生産取りやめを発表。英自動車産業への投資は6年間で10分の1に激減しました。英国のメイ首相はEUの攻勢をしのいで最終的に議会承認を取り付けることができるのか。ニューズウィーク誌「欧州インサイドReport」を担当する在英12年目のベテラン国際ジャーナリスト、木村正人が大胆に予想します。

■日時:2月20日(水)
会場:日本クラブ Ground Floor Europoint Centre, 5 - 11 Lavington Street London SE1 0NZ
18:15 開場
18:30-20:00 報告&質疑応答
■参加費 £20(定員30人)
■申し込みはグーグル・フォームから
https://goo.gl/forms/YAkbJMub4FzXer5s1
会社のネットワークからだと接続できないことがあります。その場合は
fumi@imediajapan.co.uk
■略歴
大阪府立天王寺高卒、京大法学部卒、産経新聞で大阪府警・司法・遊軍キャップ、政治部・外信部デスク、ロンドン支局長、2012年独立
元米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員
元慶応大学法科大学院非常勤講師(憲法)
■著書
『EU崩壊』(英誌エコノミストのビル・エモット元編集長推薦)『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』『欧州絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』。共著『税金考』『戦後史開封』『現代ひったくり事情』。Yahoo!Japanニュース個人で6年間に1億PV達成

日本クラブへのアクセスは、下記リンク先のご案内図を参照してください。
Southwark駅、London Bridge駅からのルート:
http://www.nipponclub.co.uk/pdf/route2nipponclub_1509.pdf
館内図:http://www.nipponclub.co.uk/pdf/1504_floormap.pdf

筆者にご関心のある方は
http://www.newsweekjapan.jp/kimura/
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kimuramasato/
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/7679

左クリックすると写真が拡大されます

投稿者がポストコードを入力している場合、赤い線で囲まれた部分が指定されたポストコードのエリアです。

記事NO:0009270

一覧に戻る
友人に送る

このページを転送

差出人
パンドーラ管理<no-reply@pandorajourney.co.uk>
宛先
イギリス ロンドン クラシファイド掲示板 PANDORA
(シェア フラット 部屋探し 賃貸 不動産 求人 就職 アルバイト 帰国売り)
http://www.pandorajourney.co.uk/

-----

Powered by ジャーニー
http://www.japanjournals.com/
						
Facebook
Twetter

New User

Contact Us

Select Japan

Online Journey

cookbuzz English

cookbuzz Japanese

英国テレビガイド

イベント情報

今月の星占い

天気予報

Copyright © pandorabyjourney.co.uk

CLOSE

この投稿を管理者にレポートする

詳細を教えてください。

レポート送付に関する規約

この投稿が不当なものであると判断された方は管理者(Japan Journals)にその旨をレポートすることができます。レポートを受けた管理者は、対象となる投稿を精査した後、状況によっては投稿者にレポートが届いたことを通達し、投稿者に適切な対応を要請したり、改善を促す場合があります。特定されないよう、レポート送付者の個人情報を提供することはありません。あくまでもレポートの内容のみを伝達します。

ただし、問題の状況が事件性を含んだ深刻なものである場合、英国の警察や司法などの専門機関と連携する場合もあります。それに備えて問題の当事者であるレポート提出者は管理者がいつでも連絡できる状態にある必要があります。従って当パンドーラのレポート機能は、匿名のもの、電話番号、電子メールアドレスを記載せずに送信することができないように設定されています。また、虚偽、または架空の情報で提出できた場合でも、管理者側から提出者に連絡が取れない場合、管理者はこれを不適格レポートとして処理せざるを得ず、何らの行動も起こせないことを予めご了承ください。

お名前(半角ローマ字)(必須)
電話番号(※電話番号か携帯電話番号どちらかは必須
携帯電話番号(※電話番号か携帯電話番号どちらかは必須
電子メールアドレス(必須)