PANDORA

イギリス ロンドン 情報 掲示板 パンドーラ パンドラ PANDORA

FREE Classified Advertising Noticeboard
powered by ジャーニー
Select Japan
掲載日: 16 Oct
一覧に戻る
スマートホン版

美術史文化講座 ロンドンの美術館などを訪問、単発のご参加OK

カテゴリー

美術・絵画

ZONE 1
最寄り駅

Charing Cross

徒歩3分
Bakerloo Line
Bakerloo Line
Northern Line Northern Line
National Rail National Rail

Leicester Square

徒歩5分
Northern Line Northern Line
Piccadilly Line Piccadilly Line

その他(上記はナショナル・ギャラリーでの場合)

最寄りバス停
  • Trafalgar Square
所在地 詳細マップを見る
名前 美術史文化講座  吉川
TEL 07920432839
E-mail artcultureora@hotmail.co.jp
ホームページ http://www.facebook.com/%E7%BE%8E%E8%A1%93%E5%8F%B2%E6%96%87%E5%8C%96%E8%AC%9B%E5%BA%A7-120088208096891/

Report

CLOSE

少人数で、ナショナル・ギャラリーを中心に美術作品を体験・鑑賞し、背景の歴史や文化を、対話形式でわかりやすくひも解きます。 美術をほとんど知らない方でも、ちょっと通の方でも、お楽しみいただける美術史文化講座です。

上記のホームページ・リンクで、美術史文化講座のフェースブックもぜひご覧下さい。

以下の講座を開催しています。 講座は一回ごとに、ひと区切りになっていますので、単発でのご参加も可能!

ご参加の方は、お知らせください。


1.金曜講座と火曜(リピート)講座
ヨーロッパ絵画の宝庫、ナショナル・ギャラリーの作品を、系統立てて時代順に鑑賞する講座。 それにリンクする他の美術館の作品も鑑賞! ロンドンにいるからこそ体験できる本格的な美術史講座、初めての方も歓迎! 単発のご参加もOK、続けてご参加いただくと確実に力が養われます。 金曜と火曜の講座は同内容。 両日とも、ナショナル・ギャラリーでの場合は、10時半から12時までと、1時から2時半までの2クラスで同内容。 他の場所でも、午前と午後の講座は同内容。

10月18日(金)と22日(火)ナショナル・ギャラリー  持ち物や服装によってわかる、キリスト教の主な聖人たち 22ポンド *22日は10時半からだけ開講

10月25日(金)と29日(火)ナショナル・ギャラリー  花のフィレンツエ15世紀のルネッサンス ボッティチェリを中心に 21ポンド

11月1日(金)と5日(火)ナショナル・ギャラリー  絵画に登場する花やくだものは何のシンボル? 22ポンド

11月8日(金)と12日(火)ナショナル・ギャラリー  アルプス以北(現ベルギー・オランダ・ドイツ)の15世紀ルネッサンス 21ポンド

11月15日(金)と19日(火)ナショナル・ギャラリー  絵画に登場する鳥たちは何のシンボル? 22ポンド

11月22日(金)と26日(火)ナショナル・ギャラリー  静かな世界にいざなう美しい15世紀ヴェネチア絵画 21ポンド

11月29日(金)と12月3日(火)ナショナル・ギャラリー  キリスト教基本講座 絵で見るキリスト教のカレンダー、祭礼の色のシンボル、聖書の構成 22ポンド

12月6日(金)と10日(火)ナショナル・ギャラリー  絵画と聖書で知るクリスマス クリスマスの習慣や行事も解説! 22ポンド


2.平日の10時ごろ開始の講座
*各講座の開始時間は、ご希望によって少しずらすことも可能

10月17日(木)と28日(月)ナショナル・ギャラリー  ゴーギャンの肖像画展 10時から 入場料20ポンド(Art Fundは半額)、講座費22ポンド

10月21日(月)ナショナル・ギャラリー  17世紀オランダの植物画、静物画、日常絵画、風景画 フェルメールも登場 10時半から 22ポンド

10月23日(水)レイトン・ハウス美術館  19世紀有名画家の繊細・耽美な自宅 10時半から High Street Kensington 入場料9ポンド(Art Fundは無料)、講座費22ポンド

10月30日(水)ダリッチ・ピクチャー・ギャラリー  ヴァン・ダイクやムリリョもあるロンドン南郊の美術館  「レンブラントの光」展も 10時15分Victoria駅集合、鉄道12分 入場料15ポンド(Art Fundは7ポンド)、講座費23ポンド

11月4日(月)ケンジントン・パレス  キャサリン妃もお住まいの英国王室宮殿、ヴィクリア女王展も! 10時から 地下鉄High Street KensingtonかQueensway 入場料17.5ポンド(Art Fundは無料) 講座費23ポンド

11月6日(水)ストロベリー・ヒル・ハウス  ゴシック・リバイバルが華麗な、首相の息子のお屋敷 10時40分Richmond駅集合、バス15分 入場料12.5ポンド(National TrustとArt Fundは半額) 講座費25ポンド

11月11日(月)サザビーズとクリスティーズ  アンティーク家具や陶器オークションの下見会 手にとってご覧いただけます! 10時から 地下鉄Bond Street 22ポンド

11月13日(水)ナショナル・ギャラリー  絵画で知る、カトリックとプロテスタントの違い 10時半から 22ポンド

11月18日(月)ウォーレス・コレクション  極上のフランス18世紀アンティークと絵画 マリー・アントワネットの家具も 10時15分から 地下鉄Bond Street 22ポンド

11月20日(水)と11月25日(月) ナショナル・ギャラリー  レオナルド・ダ・ヴィンチ「岩窟の聖母」展 10時から 入場料16ポンド(Art Fundは半額)、講座費22ポンド 二講座は同内容

11月27日(水)ウェストミンスター・カテドラル  カトリック大聖堂で文化や習慣を広く解説 10時10分から 地下鉄Victoria 22ポンド

*講座リクエスト募集中、日程調整もします!


3. 平日の午後からの講座
*各講座の開始時間は、ご希望によって少しずらすことも可能

10月21日(月)大英博物館  有名作を広く解説 1時15分から 22ポンド

10月23日(水)レイトン・ハウス美術館  19世紀有名画家の繊細・耽美な自宅 1時から High Street Kensington 入場料9ポンド(Art Fundは無料)、講座費22ポンド

11月4日(月)ウォーレス・コレクション  極上のフランス18世紀アンティークと絵画 マリー・アントワネットの家具も 1時半から 地下鉄Bond Street 22ポンド

11月13日(水)サー・ジョン・ソーン美術館  19世紀有名建築家のおもちゃ箱をひっくり返したような自宅兼オフィス 1時15分から 地下鉄Holborn 22ポンド

11月18日(月)ナショナル・ギャラリー  ゴーギャンの肖像画展 世界中から名作集結! 1時半から 入場料20ポンド(Art Fundは半額)、講座費22ポンド

11月20日(水)ナショナル・ギャラリー  ゴッホやフェルメールなど有名作を広く解説. 1時から 22ポンド

11月25日(月)大英博物館  有名作を広く解説 1時半から 22ポンド

*講座リクエスト募集中、日程調整もします!


4. 金曜イヴニング・クラス  
ご希望により、6時15分頃から7時頃までの開始が可能。 主にナショナル・ギャラリーにて  この時間帯はゆったり作品が鑑賞できます。 単発のご参加が可能。

*2名以上でリクエストいただければ、ナショナル・ギャラリーや大英博物館で、講座を開講! 講座費は2名で50ポンドから、3名以上は一人22ポンドから。 ナショナル・ギャラリーでの講座のテーマは、例えば、有名作を広く鑑賞、印象派特集、キリストの一生、ギリシア神話、フェルメールと17世紀オランダ絵画、イタリア・ルネッサンス、スペイン絵画、絵画のスタイル(ルネッサンスやバロックなどの意味を絵画の前で解説)、 花や果物のシンボル、フィレンツェ特集、ヴェネチア特集など、さまざまなテーマを特集することが可能です!


5.土曜講座
ナショナル・ギャラリーをはじめ、いろいろなテーマや場所へのリクエストにお応えします

10月19日(土)11時 ケンウッド・ハウス(イングリッシュ・ヘリテージ)  フェルメールもある、ハムステッド・ヒースの美術館 Golders GreenかArchwayからバス10分 入場無料、講座費23ポンド 最少決行人数2名

10月26日(土)1時15分 ウィリアム・モリス・ギャラリー  モリスの生家、制作過程がわかる作品群 ヴィクトリア・ラインBlackhorse Road集合 23ポンド あと1名で決行決定!

11月2日(土)10時半 大英博物館 有名作を広く解説 22ポンド

11月2日(土)1時半 ナショナル・ギャラリー  基本!ギリシア神話:オリンポスの12神から6神を選んで作品の前で詳しく解説 22ポンド

11月9日(土)1時 ナショナル・ギャラリー  絵画で知る、カトリックとプロテスタントの違い 22ポンド

11月16日(土)10時 ナショナル・ギャラリー  ゴーギャンの肖像画展 入場料22ポンド(Art Fund半額) 講座費22ポンド

11月23日(土)10時 ナショナル・ギャラリー  レオナルド・ダ・ヴィンチ「岩窟の聖母」展 入場料18ポンド(Art Fundは半額)、講座費22ポンド

11月23日(土)1時 セント・ポール大聖堂  ロンドン最大のシティーの大聖堂 入場料17ポンド(一年有効チケット)、講座費23ポンド

11月30日(土)1時 サザビーズとクリスティーズ  古典絵画オークションの下見会  地下鉄Bond Street 22ポンド

12月7日(土)1時 ナショナル・ギャラリー  絵画と聖書で知るクリスマス 習慣や行事も解説 22ポンド

*テーマや場所、時間の変更も可能、ぜひリクエストください。


6. 親と子の美術鑑賞クラス

ご希望の美術館での親と子(5歳から14歳まで)の美術鑑賞、所要時間は約90分。 ナショナル・ギャラリーや大英博物館など入場無料の美術館では、親子二人で28ポンドから、大人一人子供二人は35ポンドから。 入場料がある美術館では少しだけ高くなります。 ご希望に応じて講座を開設、日時と美術館をリクエストください

今月のハーフタームには、以下の講座もご参加を公募しています。が、他にリクエストいただければ、5歳くらいからの講座も開講します。 ぜひリクエストください!

10月22日(火)1時  ナショナル・ギャラリー  キリスト教基本講座 絵で見るキリスト教のカレンダー、祭礼の色のシンボル、聖書の構成(10歳から15歳) 親子二人30ポンド、大人一人子供二人は38ポンド 参加が三家族を超えると2ポンド割引

10月24日(木)1時  ナショナル・ギャラリー  持ち物によってわかるキリスト教の聖人たち(10歳から15歳) 親子二人30ポンド、大人一人子供二人は38ポンド 参加が三家族を超えると2ポンド割引

10月25日(金)3時  ナショナル・ギャラリー  絵画に登場する動物たちは何のシンボル?(10歳から15歳) 親子二人30ポンド、大人一人子供二人は38ポンド 参加が三家族を超えると2ポンド割引


7. 美術館 プライベート訪問

ロンドンのいろいろな美術館を解説するプライベートな美術館や史跡訪問。 入場無料の美術館で1時間半の場合、3名以上は1名あたり22ポンドから、2名は55ポンドから(マイバスのガイドの約半額)。 ご希望に応じて講座を開設、日時と美術館をリクエストください


御問い合わせやリクエスト、お気軽にご連絡ください  

美術史文化講座
吉川 珠衣(たまえ)
artcultureora@hotmail.co.jp
mobile 07920 432 839

立命館大学 文学部卒業
シティー・ユニヴァーシティー(ロンドン) 芸術経営学 大学院ディプロマ修得
フィリップス・オークショニアーズ勤務後、ボンド・ストリートの老舗画廊アグニューズでコンサルタントを18年務めながら以下の学位修得
ロンドン大学 コートールド・インスティテュート 美術史 大学院ディプロマ修得
ロンドン大学 ユニヴァーシテイ カレッジ 美術史 修士号修得 博士課程満期終了

#美術史文化講座 #ロンドンの美術史 #ロンドンの美術館 #ロンドンの美術

写真は左から、ナショナル・ギャラリーのゴーギャンの息子の寝顔(ゴーギャンの肖像画展)、ナショナル・ギャラリーのロッホナーの聖人たち(持ち物によってわかる聖人たち)、レイトン・ハウス美術館

左クリックすると写真が拡大されます

投稿者がポストコードを入力している場合、赤い線で囲まれた部分が指定されたポストコードのエリアです。

記事NO:0000840

一覧に戻る
友人に送る

このページを転送

差出人
パンドーラ管理<no-reply@pandorajourney.co.uk>
宛先
イギリス ロンドン クラシファイド掲示板 PANDORA
(シェア フラット 部屋探し 賃貸 不動産 求人 就職 アルバイト 帰国売り)
http://www.pandorajourney.co.uk/

-----

Powered by ジャーニー
http://www.japanjournals.com/
						
Facebook
Twetter

Contact Us

Select Japan

Online Journey

cookbuzz English

cookbuzz Japanese

英国テレビガイド

イベント情報

今月の星占い

天気予報

Copyright © pandorabyjourney.co.uk

CLOSE

この投稿を管理者にレポートする

詳細を教えてください。

レポート送付に関する規約

この投稿が不当なものであると判断された方は管理者(Japan Journals)にその旨をレポートすることができます。レポートを受けた管理者は、対象となる投稿を精査した後、状況によっては投稿者にレポートが届いたことを通達し、投稿者に適切な対応を要請したり、改善を促す場合があります。特定されないよう、レポート送付者の個人情報を提供することはありません。あくまでもレポートの内容のみを伝達します。

ただし、問題の状況が事件性を含んだ深刻なものである場合、英国の警察や司法などの専門機関と連携する場合もあります。それに備えて問題の当事者であるレポート提出者は管理者がいつでも連絡できる状態にある必要があります。従って当パンドーラのレポート機能は、匿名のもの、電話番号、電子メールアドレスを記載せずに送信することができないように設定されています。また、虚偽、または架空の情報で提出できた場合でも、管理者側から提出者に連絡が取れない場合、管理者はこれを不適格レポートとして処理せざるを得ず、何らの行動も起こせないことを予めご了承ください。

お名前(半角ローマ字)(必須)
電話番号(※電話番号か携帯電話番号どちらかは必須
携帯電話番号(※電話番号か携帯電話番号どちらかは必須
電子メールアドレス(必須)